Instant Sunshine

好きなものをとりとめなく残していく。ただそれだけ。

B'z 「SURVIVE」

B'z諸作品の中で最高傑作はどれか?というと、数多くの作品を発表しているミュージシャンであるため、おそらく色々な答えがあるかと思いますが、私にとっては今回紹介する『SURVIVE』こそが最高傑作だと思っています。なぜなら作曲担当でありプロデューサー、リーダーである松本の作曲が一番キレにキレまくっていた時の作品だからです。

 

『SURVIVE』の2年前に発表した「LOVE PHANTOM」は演劇的なクラシック要素と打ち込みをミックスした冒険的な曲にもかかわらず、大ヒットを記録しました。今でもB'z最高の曲として良く挙がる曲です。

推測ですがこの出来事により、B'zお約束のスタイルではなく、どんなスタイルの楽曲でも高いクオリティが伴っていれば、ファンは増えるしついてきてくれるとB’z側は確信したのではないでしょうか。その証拠に「LOVE PHANTOM」以降は、B'zお約束のスタイルであるロック調の曲に管楽器を加えたアレンジ(例:「love me, I love you」「Don't Leave Me」など)がめっきり少なくなるんですね。

その後、バンド主体のアレンジとなった「Real Thing Shakes」「FIREBALL」や、ジャズやレゲエなどを取り入れた大人の音楽が魅力的なミニアルバム『FRIENDS II』を発表し、B'zの音楽はどんどん多様化していきました。そんな時期に作られた『SURVIVE』は、当時のB’zの総決算と言えるほどの幅広い音楽が詰まっているのが特徴です。初期の打ち込みやロックバラード、演歌調などなど本当バラエティ豊か。

特に「Calling」なんてピアノバラードのメロ部分と激しいロックのサビ部分を強引に繋ぎあわせるというアクロバティックな曲になっていて、この頃のB’zは本当になんでもアリだったんだなあと感じます。

 

作詞サイドの稲葉も負けておらず、歌詞を目いっぱい詰め込んでトーキング風のボーカルで歌っていたりして(「だったらあげちゃえよ」に顕著)、ラップとはまた違う面白さを生んでいます。

歌詞の内容もキレキレで、「Liar! Liar!」では"愛する人がハッピーになりゃそれでいいや"とヤケクソ気味に歌うところに、私はロックをかくあるべしと学びました。

「DEEP KISS」でも"そりゃ他に男もできるわ"と情けない歌詞をカッコよくシャウトするところにもロックを感じましたし、最終的には"ウー ワン ワン"と犬になってしまうところなんてロック以外の何物でも(以下略)

 

 

いいアルバムです。

 

 

SURVIVE

SURVIVE