Instant Sunshine

好きなものをとりとめなく残していく。ただそれだけ。

L'Arc~en~Ciel「ark」

ラルク2回目です。このアルバムは3枚同時シングルリリースしたり、2週連続シングルリリースしたりと、まさにやりたい放題だったラルク絶頂期の最後を締める、2枚同時発売アルバムの1つです。当然のようにバカ売れし、当然のようにクオリティもハイレベルと、当時のラルクがいかに凄まじかったかを物語る1枚となってますね。

とまあ素晴らしいアルバムなのですが、ここで1つ問題があって、2枚同時にアルバムが発売となった場合、たいていの場合どちらか一方が褒められて、もう片方は相対的に見られてしまい、不当にマイナス評価になるのが世の常でありまして、このアルバムはその不当にマイナス評価されがちという、かわいそーなアルバムでもあるのです。

もう片方の『ray』というアルバムがラルク最高傑作と挙がることが多いくらい完成度が高い上に、代表曲「HONEY」が収録されているというね、そりゃ勝ち目ありませんわ。プレイステーション2に立ち向かうドリームキャストみたいなもんですよ。『ark』なんてダッセーよなー。『ray』の方がいいよなー。

 

いやいや、ドリームキャストに大きな魅力があったように、『ark』も魅力がたくさんああります。淡々としたマーチングドラムとドラマチックな展開の大作「forbidden lover」、メロ部分でベースがうねりまくる「HEAVEN'S DRIVE」、ニューウェーブもビックリな音スカスカなメロ部分の「DIVE TO BLUE」、ストリングスがなんか火曜サスペンス劇場っぽいと僕の中で評判の「Butterfly's Sleep」、毒を吐きまくるハワイアン「Perfect Blue」、ギターソロは無駄にノイジーで、大サビ前のストリングスがやたらうねりまくる「Pieces」と個性派ぞろいです。

『ray』もそうなんですが、アルバム全体が退廃的でダークな雰囲気を持っていて、すごくかっこいいですね。『ark』はその上にポップな要素も持っているので、意外と聞きやすいです。このあたりが物足りないと言われてしまう部分でもあるのですが。

『ray』の影に隠れがちですが、必聴と言っていいほど良いアルバムだと思います。

 

 

まあここまで『ark』を持ち上げておきながら、実は『ray』の方が好きだったり。あと、当時ドリキャスじゃなくプレステ2を買いました。

世の中、勝ち馬に乗るんが処世術なんやで。

 

 

 

 

ark

ark